2007年02月18日

Season of love

IMG_7128.JPG


倉木麻衣26thシングル「Season of love

ポジティブな内容の歌詞とは対照的にとてもクールで落ち着いたサウンド、そして男性のバッキング・ヴォーカルが
特徴的なナンバーに仕上がっています。

倉木麻衣の音へのこだわりを感じる曲でとても良く作ってあると思います。

ただ、私の好みで言うと、
男性のバッキング・ヴォーカルはもう少し控えめにして欲しかった。
ちょっと出しゃばり過ぎている感じがして気になります。
それと曲のラスト、終わり方が好きではありません。
終わり方があまりに簡単で、もう一工夫するか、そうでなければフェードアウトで終わったほうが良いと思います。

そういう細かい気になる点はありますが、全体としてはとても良い曲だと思います。
アルバム「DIAMOND WAVE」に収録されても全く違和感がない、またそういう雰囲気を感じる曲だとも思いました。
posted at 05:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 倉木麻衣

2007年01月29日

ライヴ音源であの感動を!

「Season of love」
2007年2月14日(水) 発売

【収録曲】
1. Season of love 
   Lyrics written by Mai Kuraki
   Music written by Aika Ohno Tracked by Cybersound
2. Season of love -Latin lover remix-
   Remixed by Perry Geyer & Miguel Pessoa for Virtual Recordings
3. 白い雪 -オルゴ−ルバ−ジョン-
   Tracked by Daisuke Ikeda
4. Season of love -instrumental-

オフィシャルでの新曲の告知、
今回のシングルにはc/w曲は収録されないようですが、
「Season of love」は非常に良い曲なので楽しみです。

続きを読む
posted at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 倉木麻衣

2007年01月12日

Season of love/新・京都迷宮案内

昨日の「新・京都迷宮案内」観ました!

もちろん倉木麻衣の新曲「Season of love」が目当てです。
録画もしたので「Season of love」が流れるオープニング意外を消去してリピート再生!

カウントダウンライヴの時に受けた印象の通り凄く良い曲です。
ドラマの雰囲気にも合っていると思います。
ただし、若者が観るようなドラマではないのでそれについては微妙ですが...

ドラマの公式ページの主題歌のページを見たら、“発売日未定”ってなってるし。
posted at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 倉木麻衣

2007年01月02日

新曲リリース!

Mai-K.netのMai おみくじ2007は「中吉」でした。

Season of love.jpgさて、新曲が発表されました。
カウントダウンライヴで、MCのときバックでも流れていました。
なんか聴いた事ない曲だなって思ったから、まさかと思いましたが新曲でしたね。
落ち着いたなかなか良い感じの曲だった印象があります。

タイトル:『Season of love』
発売日:2007年2月14日(水)

【収録曲】
Season of love
Lyrics written by Mai Kuraki
Music written by Aika Ohno Tracked by Cybersound
■タイアップ:
 テレビ朝日系 木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌(1/11〜)


話は変わって、
昨年のツアーファイナルのDVD、まだ告知がないのが気になります。
「LIKE A FUSE OF LOVE」は年末には告知があって、2月に発売されました。
カウントダウンライヴも本格的に映像収録していた事を考えると、
昨年のツアーファイナルとカウントダウンライヴのダブル・パッケージになるのではないかと思い始めています。
posted at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 倉木麻衣

2007年01月01日

みなとみらいでカウントダウン

300DSCN0116.jpg


倉木麻衣のカウントダウン・ライヴに行ってきました。

ツアーの時とは違ってややリラックスした雰囲気のライヴだった印象でした。

いつものように硬いレポは書きません。

とにかく楽しかったです。

新年を迎えた直後に“来年は〜”なんて...(笑)

カウントダウンのときはMai-Kが直前になっていろいろ話を始めるからちょっとハラハラしましたが^^
無事みんなでカウントダウン、新年を迎えました。



終演後はまっすぐ帰ろうかと思いましたが、

予定を変更して明治神宮で初詣をしてきました。





posted at 22:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | 倉木麻衣

2006年12月26日

Countdown to COUNTDOWN LIVE

12月に入ってすっかり更新が滞っていますが、何も変りはございません。

今年の出勤も残すところ2日間となり、年末年始休暇へラスト・スパートという感じです。


さて、今年最後のライヴ参戦となる倉木麻衣のカウントダウンライヴまでもう少し。
また後ほど今年を振り返りつつ(もちろん音楽について)、
ベスト・アルバムなどの発表をしたいと思いますが、
結果的には倉木麻衣がその中心だったような気がします。

気になるカウントダウンライヴはベスト・オブ・ベスト的なセットリストになるのかな。
最新シングルの「白い雪」はやるでしょうね。
この時期にぴったりの「Winter Bells」も聴けるかも。

終わるのが深夜だから帰りどうしようかと思っていたけれど、
大晦日から元旦は深夜も電車が運行されるという事なので一安心。
でも考えてみればそうだよな。
夜中に初詣行く人も大勢いるし。

とにかく“カウントダウン”が楽しみ。
テレビ観ながら普通に新年を迎えるのが大体いつものパターンなので^^


posted at 16:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 倉木麻衣

2006年11月22日

当選

IMG_6812.JPG『倉木麻衣 カウントダウンライブ06-07』

無事当選しました!

あとはお金を振り込んでチケットを待つのみですが、
座席はどこでもいいです。
当選し、観られる事になっただけ良しとしましょう。
posted at 01:17 | Comment(5) | TrackBack(0) | 倉木麻衣

2006年11月08日

スーパーライブ

『スーパーライブ 倉木麻衣』
NHK衛星ハイビジョン 11月10日(金) 午後9:00〜午後10:30

確か、昨年末にも放送されました。

でもオフィシャルには「昨年のツアーファイナルとなった日本武道館でのライブを中心とした特別番組の再放送が決定しました。」と書いてあります。

昨年はライヴ映像しか放送していなかったので、“日本武道館でのライブを中心とした特別番組”というのが気になりますね。


posted at 20:32 | Comment(3) | TrackBack(1) | 倉木麻衣

2006年11月02日

「白い雪」

倉木麻衣の公式サイトが「白い雪」バージョンに更新されていました。

ファイナルで初めて「白い雪」を聴いたその時の印象...


歌い出しが“オレンジ色”っていうフレーズだったかな。

「白い雪」だけど“オレンジ色”でいきなり始まったのが印象的。


途中、“どの位 どの位 泣けばいいのというフレーズ、

下線部分はかなり記憶があやふやになっていますが、(汗)

“どの位”の“位”“cry(泣く)”に聴こえたのが強く印象に残っています。


もちろん、“素晴しい曲”それが最も強い印象。

posted at 08:28 | Comment(1) | TrackBack(1) | 倉木麻衣

2006年10月30日

Mai Kuraki LIVE TOUR 2006 DIAMOND WAVE@さいたまスーパーアリーナ

tour06logo.gif会場整理の為30分ほど遅れて開場。開演も約40分遅れました。
開場がだいぶ遅れてしまった為、私が入場するときにはチケットの半券切り離して係員に渡してくれって...
こんなの初めてです。
しかも、場内の一部では座席が設置されていなかったらしく、慌てて座席をセッティングしているという不手際もありました。
関係者の皆さんしっかりしてください!という開演前の気持ちでしたが、ライヴが始まってしまえば関係ありません。
素晴しいライヴでした。

ハイライトは「Like a star in the night」のあとの演出です。
Mai-Kのデビューからの軌跡をたどる数分間の映像がスクリーンに映し出されました。

そこに流されたファーストライヴの映像なんかを見ると、格段に成長したのがよくわかりましたし、
約8年ファンと共に歩んできたということを感じた映像でもありました。

そして映像の最後、Mai-Kのナレーションの流れから始まった「Stay by my side」は最高に感動して、はっきり言って泣きそうになりました。
ステージに登場したMai-Kは真っ白なドレスを身にまとっていました。
なぜ真っ白なドレスだったのか、理由はそのあと分かりました。
「会いたくて」に続いて新曲「白い雪」を初披露してくれたのです。
雪が舞うシチュエーションの中、歌いあげた「白い雪」は素晴しいバラードでした。

アンコールの前には、お約束のバースデーケーキの登場!ちょっと苦戦しましたが、ロウソクの火を消し誕生日をお祝いました。

他にもファイナルならではの演出があり、とても素晴しかったです。

あと「Kiss」の前のアコースティック・ギター・ソロ、
国際フォーラムでは“しーん”としていたので、皆あのようなソロには興味ないのかなぁと思っていましたが、
この日は拍手、歓声が上がっていたのも良かったです。

そして今回は国際フォーラムでの教訓を活かし、スポーツタオルを首に掛け、Mai-FANをポケットに入れ準備万端で臨んだので、その両アイテムをしっかり活躍させてきました。

出待ちはファイナルだけあってとにかく凄い人数の人が参加されていました。
会場内のロビーで、そこに特設ステージを設けて行ったのですが、
おそらくMai-Kから最後尾まで50メートルはあったと思います。(拡声器使って話してたし。)
私はその真ん中よりももっと後ろの方で、座りながら一生懸命背伸びをして見ましたが、
あまりに遠くてMai-Kの姿はあまりよく見えませんでした。
でもあの場に居てバースデーをお祝い出来たのはよかったです。
それと、トーマスさん最高!

Mai-Kはこれからも“音にこだわって”曲作りをしていきたいと言っていました。
今回の「DIAMOND WAVE」もそれを感じる事はできました。
これからもその気持ちでいい曲、アルバムを作ってくれる事でしょう。

最後に“スーパーさいたまアリーナ”はちょっと笑ってしまいました。(笑)
でも、なんかMai-Kらしくていいんじゃないでしょうか。

posted at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 倉木麻衣

2006年10月29日

お疲れ様でした。

SN320151.jpg


昨日行われた倉木麻衣のツアーファイナルに行ってきました!
本当に素晴しいライヴでした。

今回のファイナル、ライヴそれ自体の楽しみと、
リンクさせていただいている「亜麻色日記」のホクシさんと初めてお会いする事が出来るという楽しみがありました。
ライヴの前と後の短い時間ではありましたが、実際お会い出来て本当に良かったです。
お疲れ様でした。
そして、ホクシさんと一緒に来ていた「ライブばっか行ってないで、勉強しろ!!」の 誠くんにも初めてお会いしました。お疲れ様でした。

ライヴについてはまた後ほど。

だけど一つだけ、
大晦日のライヴは“カウントダウン・ライヴ”みたいです。
さっきMai-K.net見たらそう載っていました。

Mai-Kと年越しです!
posted at 03:23 | Comment(4) | TrackBack(1) | 倉木麻衣

2006年10月21日

Mai Kuraki LIVE TOUR 2006 DIAMOND WAVE@東京国際フォーラム ホールA

昨日行われた倉木麻衣のMai Kuraki LIVE TOUR 2006 DIAMOND WAVE
東京国際フォーラム公演に行ってきました!


今回のツアー初参戦です。
ツアーもいよいよ佳境に入ってきましたが、私にとってはようやく初日を迎える事ができました。
これで私もやっと“波に乗れた”感じです。

ライヴ自体久しぶりだったので純粋に楽しんできました。
昨年初めて参戦したMai-Kのライヴでは、
手の振りとか一生懸命周りに合わせようとしていましたが、
今回は周りを気にせず、自分なりのノリで楽しんできました。


≫開場前

開場時間の1時間くらい前に着くと既にグッズの先行販売も始まっていました。
そのロビーでは倉木麻衣本人がグッズを紹介しているビデオ映像が流れていました。
今回のツアーパンフは凄く凝っていて気合の入ったものになっているので、Mai-Kが自ら紹介するのもうなずけます。
お目当ての“ダイアモンドネックレス”も買いました。
この“ダイアモンドネックレス”、Mai-K.netのイラストではいまいちピンときませんでしたが、
実物を見るとかなり良いので、購入を迷っている方には是非お勧めします。
ガチャガチャは終演後に挑戦。

mk_m.jpg


そしてビデオ映像が流れているその隣には、
なんと「DIAMOND WAVE」のジャケット撮影で、
実際にMai-Kが着用した衣装が展示されていたので記念に撮影してきました。

mk_ishou.jpg



≫ライヴ

ステージセットはとても中央バックに大きなスクリーンがあるとてもシンプルなものでした。
しかもステージ全体の雰囲気は、
“Diamond Wave”のPVのなかでスタジオのシーンがありますが、
まさにそんな感じ。

しかも、ステージ両サイドの一部が暗幕で覆われていたため、
とてもコンパクトでアット・ホーム的なステージだったのが印象的でした。

予想してなかった、イントロダクションからのカッコイイオープニングもそうでしたし、
“Kiss”の前のアコースティック・ギター・ソロ、
アカペラでの歌い出しの“Stay By My Side”(感激!)、
まるでプロモーションビデオを見ているような錯覚に陥ったモノクロのスクリーンの映像などなど...
今回のライヴはアルバム「DIAMOND WAVE」を引っ提げてということで、
曲のアレンジやセットリスト、演出の数々がこのアルバムの特徴をよく表現したものとなっていてとても良かったです。

“ホログラム”のときの煌びやかなバック・ドロップはとても綺麗でした。
凄くポップな部分と落ち着いた部分のメリハリがとても良かったライヴでした。

途中、小池前環境大臣が登場するというサプライズもありました
理由は勿論“Furoshiki”繋がりで。
私は気になりませんでしたが、中にはしらけムードの人もいたように感じました。
意外と話は長くて、環境講座的な話になったので...

Mai-Kのライヴでは、いつもバラードには感激させられますが、
今回も素晴しかったです。

とくにキーボードを弾きながらの“Like a Star In the Night”は最高でした。
着席して聴いていたというのもあり、目を閉じて聴き入りました。

バラードが終わって、衣装チェンジ時のバンドのインストもカッコ良く、
私としては“血が騒ぐ”ものがありました。
それと二人のダンサー、昨年に比べると(メンバーは違いますが)出番が多く、結構目立っていたように思います。

後半〜ラスト・アンコールは定番曲のオンパレード。
衣装チェンジ後、“Never Gonna Give You Up”で始まるセットも良かったです。

思えばアースデーコンサートではこの曲がオープニングでした。
オープニングとして非常に合っているなと思ったのを覚えていますが、
今回でもそれが活かされていた感じがします。

生で聴く“Ready For Love”は個人的には凄く気に入りました。
“Chance for You”の合唱は昨年とは比べ物にならないくらい皆一生懸命歌っていました。


≫終演後

再びステージに登場したMai-Kの合図でもって会場一体となったWAVEを起こしました。
1階席⇔2階席のところがスムーズにいかなかった感じですが(苦笑)、Mai-Kはとても満足したようでした。

ロビーを降りると、既に出待ちのファンが大勢待機していました。
私も参加したかったけど、時間的に無理なので今回は諦めました。

グッズのタオルとMai-FANは必須アイテムですね。
私は開封せずにそのままバッグにしまっていたので、
活躍させる事ができませんでした。
ちょっと失敗...
さいたまスーパーアリーナではしっかり準備しておきます!

≫希望

ファイナルでは“Cherish The Day”やって欲しい。
若干のセットリストの追加、組み換えはあるかもしれないので期待します。


最後に、とても楽しく素晴らしライヴでした。
ファイナルが楽しみです。
posted at 15:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | 倉木麻衣

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。